買い増し購入をお考えの方へ

01不動産経営の特徴を再確認

不動産経営はお客様やお客様のご家族の生活、将来を豊かなものにしてくれるものです。不動産経営は「将来の転売益を目的に購入すること」もしくは、「賃貸収入を得ること」が投資の目的です。
不動産経営の特徴は“時間に比例して収益を上げる”ところです。 物件選びが重要ですが、不動産投資では定期的にかつ、安定的に賃貸料を長期に得ることができます。
他の投資とは違い“短期間で大きな収益を得る”ことはできませんが “長期間かけ着実に収益を得る”ことは可能です。 具体的に言えば、利用価値の高い不動産を購入し、利用者に賃貸することで定期的な収益を上げ投下した資金を回収し、土地や建物を資産として手に入れる”というものです。

02優良物件とは

いい物件と聞いて一番最初に思い浮かぶのは「利回りの高い物件」という人も少なくはありません。
ただ、当社で考えるいい物件とはただ単に「利回りが高い物件」ではありません。利回りが高いことも重要なポイントですが、何より重要なことはバランスです。基本的に中心部から郊外に行けば人気度から、考えても利回りは高くなりがちです。
しかし、その物件の賃料設定は果たして適正なのか、本当に借り手がいる地域なのかなど利回りが高くても借りてが見つからなくては安定した賃貸収入は見込めません。
全てを含めてバランスが重要な決め手になるのです。

03資産の運用方法

不動産投資は短期間に資産を増やす投資ではなく、長期的に継続することで資産が増えていく仕組みです。
ですが間違った不動産投資の運用を行っていると増える資産も増えません。お客様の考えはもちろんあると思いますが、ライフナビはお客様の選択肢を増やし、より幸せな方向に進むためにアドバイスをさせて頂きます。
何が申したいかといいますと、1人で考え込まず、まずプロに相談してください。ということです。信頼のおける不動産会社に相談をすることでこれからの不動産投資の選択肢を増やしてください。

04出口戦略

■大規模修繕が必要・価格次第では売却を検討したい
大規模修繕は資産性維持のためには欠かせないものですが、10年ごとに必要という考え方、または売却する必要はないという考え方もあります。
しかし、不動産投資が投資である以上、出口戦略は常に考えておかなければなりません。売却するべきなのか、売却すれば必ず資金が増えるのかは絶対的な答えがある訳ではありません。ライフナビでは、まずオーナー様の資産運用に関する方針をお伺いし、不動産市況と照らし合わせ、最適な出口戦略のご提案をいたします。

05より良い物件を購入するために

まず自分がどのくらい購入できるかをしっかり把握することが大切です。
購入能力を把握しないで、物件を探しても無駄足になってしまう可能性が高いため時間効率もよくありません。一般的な会社員の方の場合、年収1,000万円以上なら、自己資金を1~2割用意できれば年収の10倍前後の物件は購入できます。
たとえば自己資金1,000万円、ローン9,000万円で1億円の1棟マンションを購入するといったイメージです。その他、ご自身やご家族の資産状況によって、予算を膨らませることは可能です。
個別の事情に合わせた資金計画を立てたい場合は、一度、当社にご相談ください。

06ライフナビにご相談を

私たちはお客様の幸せ(成功)を第一に考え、独自のネットワークで様々な情報を収集し、お客様により有益な情報をご提供しています。
どのような悩みをお抱えのお客様にも親身に対応いたします。
資産の持ち方やキャッシュフローの改善等、ライフナビはお客様に合ったコンサルティングを致します。
ライフナビサポート あなたのお悩みを解決いたします!

〒194-0022
東京都町田市森野2丁目
27-12 1F A号室
TEL.0120-725-400