何故不動産経営なのか

1.安定した不労所得を得れる

不動産投資の最大のメリットといえば『不労所得』です。働かなくても、不動産が働いて稼いでくれるのです。
不動産投資を実際に経験してみるとよく分かりますが、基本的には何もしなくても収入を得られる状態になります。

2.相続・贈与税対策として有効である

相続や贈与の税金は非常に大きな負担です。
特に現金や有価証券の場合は、時価に対して課税対象であるため金額も高くなります。
しかし、不動産で相続や贈与の場合、固定資産台帳や路線価などから算出した評価に対して課税となりますので、納める税金の額を少なくする事が可能です。
建物の場合は、およそ50〜60%で評価され、土地は公示地価の80%位で評価されます。
また、投資用不動産で第三者に賃貸することで、評価額がさらに30%が控除され、現金に比べ約1/3の評価となり、相続・贈与税対策としてもとても有効と言えるでしょう。

3.生命保険の変わりになる

不動産の購入資金を金融機関から融資を受ける場合は、団体信用生命保険に加入しなければなりません。
ローンの返済期間中に万が一、死亡または高度障碍者となった場合は団体信用生命保険が適用されローンの残債は保険金から返済されます。
残されたご家族には、無借金のマンションを残し、毎月安定した家賃収入もあります。
残される家族には保険のような役割も果たせるのは、数ある投資対象の中で、不動産投資の大きな特徴となります。

4.ギャンブル性が低い

株やFXなどは、基本的にハイリスク・ハイリターンの投資商材です。
しかし、不動産投資は入居者を確保することが出来れば安定した収入が見込めます。
長期的に物件を持ち続けることで私的年金・生命保険がわりにもなります。

5.時間に余裕を持てる

株は、毎日こまめに株価をチェックして売り買いするので心に余裕を持つ時間をなかなか作ることが難しいです。
本業に支障をきたす可能性も高くあります。それに比べて不動産投資は忙しい人でもじっくり取り組むことが可能です。

〒194-0022
東京都町田市森野2丁目
27-12 1F A号室
TEL.0120-725-400